~南米編~旅するヴァイオリン 第19話【急展開!?】

SANY0015.jpg


こんにちは。ヴァイオリン大岩です。
南米編、久々の更新でスミマセンmm


船の上、ハンモックの上で4回目の朝です。

朝はいつも通り… 屋上デッキに出て、ヴァイオリンの練習、、、音階練習が大切です。(12の音階と分散和音のシーケンストラックをいろんなテンポでMP3プレイヤーに録音して持ち歩いています。あと長渕の曲が入っています 笑)

練習の後、
今日は、アマゾン川を眺めながら、だら~ん ぼ~ っと過ごしていました。
19-1.jpg

!! いや~
ブラジルの女性は積極的ですね 笑


この船内では、1日3度の食事は船のハンモックデッキ階の前方にある食堂で、小学校の給食のような感じになっているんですけど、
食事の時間になると、(みんな暇だから)30分ほど前から、
食堂の入り口に列を作って並びだすんですよ。ユニバのアトラクションの列みたいに、みんな列に並んでる間中、楽しくおしゃべりしています。
19-2b.jpg
↑↑船ごはん。 昼と夜はだいたいこんな感じ。米と肉と豆とイモ類の煮物とパスタを好きな分だけ自分でお皿に盛る!


で、この日の夕食!!

いつものように食堂の列に並んでいると
例の女の子(第18話)が、ハンモックが(おばちゃんを挟んで)となりの、女の子が、

僕のすぐ後ろに、並んできたんですよ!!
これって、偶然だと思いますかーーー!? 50人から並んでいるのにっすよ!

突然すぎて、さすがに”どうも”とか 声もかけられない。
うぶなボク
昼間、だらだらしすぎていたせいでテンションが低かったので、とっさの出来事に反応できない、脳みそと体。 体操、筋トレでもして過ごしてたらよかった…

ふつう、この部分だけだと、ただの勘違い野郎かなあ~ と思うじゃないっすか!?
これがね、
席も、ご飯を食べる席も、彼女が真向いに座ってこられたのだから、いらっしゃったのだから

勘違いも止まりゃせん


… 僕、 ポルトガル語がしゃべれないんですよ。

以前書いたと思うのですが、スペイン語が話せたら南米はバッチリ!みたいなのがガイドブックにかかれてあったのを真に受けて、まったく勉強してこなかった…

こんなことになるなら、もっと勉強してくればよかった~

今、一番後悔しています!!!

なので、(←教室レッスン中は、『だから』『ですから』を使います。)
当然というか、愛し合う?二人が向かい合ってても 文字通り、”話”になりませんわ~ チャンチャン


つづく

Lapin-Music(ラパンミュージック) 岡山
Posted byLapin-Music(ラパンミュージック) 岡山