大人のラパンパーティー開催です

こんにちは。ヴァイオリン大岩です~

12月23日(土)の夜は、大人のラパンパーティーを開催いたします!!
コロナが何となく収まってきて、久々、、、4年ぶりなので
とりあえず何となく集まって、何となく弾いたり飲んだり話したり になるのかなと 思います。

昨日はアンサンブル総社とアジアこども交流音楽隊の練習会でした。
12月の演奏会に向けて、8曲ほどをひたすら弾きました~
けっこうハード 笑

この演奏会、主催者側のリリースが未だなので、
詳細出せるようになったら、またここに書きます。

ちなみに
”アンサンブル総社”も”アジアこども交流音楽隊”もラパンの楽団ではなくて、僕が監督なり演出なりをやっている音楽団体です。
大人もキッズ生徒さんたちもたくさん参加してもらっています。



赤ちゃんが子どもになっていく感じ
っていいですね。

それから しばらくして
その こどもが大人になっていく感じっていうのって
どうなんでしょう、、、 感慨深いときもあれば 腹立つときもあるのかなあ。


ヴァイオリン

幼少期から面倒を見ていた子が
中学校に入ると、そのまま続けている子と、 あるタイミングで辞める子がいます。

いろいろ考えた末、続けるという選択肢も 辞めるという選択肢も
どちらにしても いろんな意味で いろんな価値があって

彼、彼女は 大人になったなあ と思うのです。

レッスンに通っても通ってなくても、
ヴァイオリンは弾いていても、弾いていなくても

”いつも心に音楽を” っていうのは あります。
音の鳴る音楽もあれば、無音のときもあるし、会話に耳を傾けたり、自然の音を聴いていたいときもあります。

音楽を専門的に学んできたからこそ 聞こえる音が たくさんあって
描ける音のイメージも広がります。

目に映る景色は
カラフルな”音”を伴ってさらに有機的、立体的に見えてきます。
そんなとき ああ 一生懸命に音楽(楽器演奏)をやってきて良かったなと
思うようになる…かなあ~ なってほしいですねえ~


Lapin-Music(ラパンミュージック) 岡山
Posted byLapin-Music(ラパンミュージック) 岡山