先生の宿題③

おはようございます。
ヴァイオリン大岩です~

ラパン音楽会(発表会)のお申込み期限がもうすぐです。
僕の宿題のタイムリミットも近づいています、、、

高埜先生、笠井先生に続いて、僕も、、、
キッズの曲は楽譜をイチから作ることが多いのですが、

特に流行りの曲、アニソン系、映画系、ボカロ系はそんな感じです。
ヴァイオリン、、、時間がかかるのが、ヴァイオリンパートではなくて、ピアノ伴奏部分です。
映画音楽のオーケストレーションやバンドの曲をヴァイオリンとピアノに振り分けて、
それっぽく、カッコよく、それからその子の今の演奏レベルより、ちょっとだけ背伸びした感じにアレンジして、
この機会に、、、キッズがやる気みなぎっているうちに、
こっそりポジション移動や、重音を少しだけ混じらせて 習得させてしまう子もいます。

ことしの宿題は残すところ、あと3曲、、、
先週まで”アジアこども交流音楽隊”の空港演奏会の準備にかかりっきり、今週末は大人のパーティの準備、
チェロの練習ばっかりしている、この2週間ですが、12月後半に向けて頑張って新譜作成の宿題中。

ちなみに、楽譜作成も、それだけをできる時間がたっぷりあったら、これはこれで、とても楽しいんですよ。
アーティストのPVとか見ながら、、、それから チェロ弾いているときも。
たいてい期限があるので、練習、宿題っていうネガティブな表現になってしまうのですが、アマチュア時代は仕事は普通にやりながら、いまやってる練習、宿題っていうのは全部ひっくるめて”趣味”でしたから、本来的には全部楽しいことなんですよね!!

今年から子守りの時間が必要になったので、作業のタイミングはもっぱら子守りしながらっていうことで、
(今、、、朝7時、、ミルク飲んでゴキゲンさん。ここでゴロゴロしながら、マラカス振り回しています。)
今年は作業スピードが3分の1くらいに落ちています。。。

昨夜は、ヴァイオリン購入の相談電話の横で、う~う~きゅーきゅー言っていましたが、、、

さて、
僕は小中高と、大学受験が始まるまで、学校の宿題はやったりやらなかったり、、、個人的にはできる範囲のことを、なるべくやっていたつもりですが、
はたから見ると、まったくやってこない子 だったと思います。

人間、成長するものですねえ~ 涙

そんな僕から見ると、笠井先生や高埜先生は、たいていクラスで1人2人いた優等生女子に見えるのです。
毎日、学校の宿題に追われているキッズを見ていると、同情するし、
頑張って終わらせんとな! って、一応僕も大人なので、社会的にまともなことを言うんですけど、、、お前が言うなよ って心の中で思っていたり、、、

ラパン音楽会の合奏、今回は、ヴィヴァルディの四季から”冬”
キッズ、大人合同で、1楽章、2楽章
大人の部のみで3楽章
ということで準備しています。

これも、3楽章の楽譜が未だ出来上がっていないのですが、今年中には仕上がる予定です~
さあ、準備ができたら、年明けからエネルギー全開! 楽器演奏を楽しもう!!!


Lapin-Music(ラパンミュージック) 岡山
Posted byLapin-Music(ラパンミュージック) 岡山